米ぬか化粧品無添加を始めて、早1ヶ月が経過した。今じゃツルツルすべすべをキープ。弾力も出てきて、毎朝のファンデーションのノリも最高!

・・・ってこんな私だけど、米ぬか化粧品無添加に出逢うまではコンプレックスの塊だったの。小さいころから敏感で、乾燥がちの肌の持ち主。いろいろとスキンケアを試したけど、いつも病院のお世話になる結末に終わる。

思春期を迎えた頃、まわりでは皆コスメに夢中。でもその輪に入れず、結局悲しい思いをしたし。成人を迎え、就職してもそれは変わらず。

仕様が無いからと諦めていたのだけど・・・数年後のある日、偶然雑誌で見つけたのが米ぬか化粧品無添加。使ってみてすぐに、潤いを実感できた事にビックリ。

赤みやニキビ、ゴワゴワ感等のこれまでの悩みが、嘘のように改善されていったんだ。ここまで凄い効き目が有っていいの?って疑うぐらい。

米ぬか化粧品無添加は、毎日を楽しいものに変えてくれたといっても決して過言じゃ無い。本当に有難うって想いでいっぱいだよ。これからも続けて綺麗な素顔を目指します。

リビーブへ手を出すタイミング

一度、リビーブへ手を出すと、ヤみつきになるとゆー。それ程、素晴らしい訳?「勿論。私が見てきた中でも、業界NO1!未来永劫、輝き続ける事、疑う余地ゼロの最高アイテム!」

大絶賛ね。けど、高いんだろうねぇ。「料金?」ええ、我が家は貧乏...あまり、リビーブへお金出す余裕が...。

「分割払いも、受けておりますが」結局、後で出るお金じゃない!「おやめになられます?」リビーブ、幾ら位?「調べて参りましょうか?」

ちょ、結構よ。買う流れに行くもの。「え?別段問題ありませんが...」とにかく平気、リビーブねぇ。「ふぅ...じゃ、まあ何れご来店を」

あーっ、ちょっと!まだ電話切らず、待って頂戴。「え?」私はお客様よ?用件終わるまで切っちゃ問題っしょ?

「それは...」ご多忙の中、私みたいな主婦の相手をさせ、申し訳はと思うけど、やっぱり聞く事聞かんとね。無駄足になっちゃ困るもの。

「あと、何をお尋ねに?」えー、年中無休?「勿論」開店時間は?「朝、10時から夜...」終わりは結構よ、行きません。

クラップス ルールは、知っとる?「確かアメリカじゃ、結構人気が有るやつだわな」日本じゃ少し、馴染み薄いけどねぇ。

でも俺、これ大好きでさ。ブラックジャックとか複雑なやつより、全然やりやすく、初心者でも上級者に打ち勝つ事が出来る可能性?希望を感じちゃう...;。

「ちょ、BJやりやすいだろ。誤解招くような台詞慎め」つっこみどころ其処かい!クラップス ルールの話だ!例え話で揚げ足とるなよ...;。

「くっ、まるで馬鹿にされたようで...;」誰も馬鹿にしちゃいねーよ。クラップス ルールと言えばさ、元々ダイスゲームだぜ?

「へー、ダイスかぁ」イギリスで流行してた。19世紀にアメリカ南部、労働者に普及。ジョン・ウィンが、新しくクラップス ルールとして発案。改良の末に、今へ至ったそう。

「ふむ...;、其処まで深い歴史が」ちなみに、ヨーロッパへ普及したのは、第二次世界大戦後の事。

「詳し過ぎ!お前、どっかで勉強したんじゃ」こーゆー時もあろうかと、知識を詰め込んだのさ。「へー、ようやく使えてよかったね」